WJSC 協同組合 西日本技能センター

  • 当組合が選ばれる理由
  • 技能実習生受け入れについて
  • 技能実習生受け入れの流れ
  • 教育・サポート
  • 受け入れ企業様の声
  • 当組合について

お問い合わせ・資料請求

ご相談は無料です。お気軽にお問い合わせくださいませ。

お電話でのお問合せ

TEL 06-6147-4551

PCからのお問合せ

お問い合わせフォーム

ニュースリリース

新たな在留資格 技能実習後、5年就労可 政府、来春創設へ 労働力確保狙う

2018年06月12日

政府は、5年間を上限に日本国内で就労できる新たな在留資格を設ける方針を決めた。最長5年間の「技能実習」を終えた外国人や一定の技能を身につけた外国人が対象で、人手不足に悩む建設や農業、介護などの5分野での労働力確保が狙い。来年4月の導入を目指しており、今秋の臨時国会にも入管難民法改正案を提出する。